大切なあの人へ ORANGE GIFT オレンジギフト

にんにく注射、にんにく-プラセンタ注射

にんにく注射

にんにく注射カード
2,500円(税抜き)

にんにく注射といっても、ニンニクのすりおろしを注射するわけではありません。主成分のビタミンB群により慢性疲労、倦怠感回復にとても有効で、即効性があります。

プラセンタ+にんにく注射カード

プラセンタ+にんにく注射カード
4,000円(税抜き)

にんにく注射と一緒にプラセンタ注射がうけられます。ビタミン、 アミノ酸による慢性疲労の改善や細胞再生因子のため肌がきれいになったり、免疫物質のため風邪が引きにくくなります。


にんにく注射

にんにく注射といっても、ニンニクのすりおろしを注射するわけではありません。にんにく注射の主成分はビタミンB群(ビタミンB1 B2 B6 B12)です。特にビタミンB1の構成成分がにんにく臭のすることから、にんにく注射と呼ばれています。このビタミンB1をはじめとしたビタミンB群が、注射することによって血液に乗ってまんべんなく全身にいきわたり、蓄積した乳酸を燃やしてくれます。血行も良くなって新陳代謝が高まり、残った疲労物質を洗い流してくれます。

アルコールの分解にもビタミンBが必要なため、二日酔いの改善、さらには、慢性疲労、倦怠感回復にとても有効で、即効性があります。またビタミンB1は美しさや健康を保つ上で非常に重要な役割を果たしています。
にんにく注射のビタミンB群は水溶性のため取りすぎたり、体内に蓄積することがなく副作用はありません。逆にいうとすぐに体外に排泄されやすいので定期的に十分補充しておく必要があります。
ちなみに息や汗がニンニク臭くなることもありません
安心してください。

疲れがたまっていても、大事な仕事があり休めない方
よく寝ているのに全然疲れがとれない方
だるさがなかなか抜けない方
夏バテによる体力減退ぎみの方冷え症で体力が弱く、よく風邪をひく方やなかなか体調が元に戻らない方
冷え症で体力が弱く、よく風邪をひく方やなかなか体調が元に戻らない方
肌荒れが気になる方
二日酔いの方や肝臓が弱っている方

ニンニク注射は疲れたと感じた時、風邪引きそうと感じた時など体の状態に合わせて注射するとよいです。
定期的に注射する場合は1週間に2~3回程度をお勧めします。
また、プラセンタと合わせて注射するとより効果的です。

にんにく注射、プラセンタにんにく注射カードは医療法人 順齢會のおだやかクリニックにてご利用いただけます。首都圏に4店舗あるおだやかクリニックでは、一般内科から美容、さらにがん遺伝子検査まで、皆様の身近なお医者さんとして幅広く健康のサポートを行っております。

おだやかクリニックでは、患者様とともに健康を目指し、病気を治療するばかりではなく、美容や検診など日々の健康作りのサポートにも力を入れているところが特徴的です。また、愛情や笑顔といったことを医療理念とし、説明不足になりがちな医療の現場とは違い、患者様が理解できるよう丁寧に説明することを大切にされています。それは患者様一人一人に、これからの健康維持に役立てもらいたいとの想いからだそうです。自分や大切なひとの健康について、ご相談されてみてはいかがですか。

〒107-6302
東京都港区赤坂5-3-1
Biz Towerアネックス2F
TEL:03-6234-0511
http://www.akasaka-odayaka.com
〒136-0075
東京都江東区新砂3-4-31
南砂町ショッピングセンター
SUNAMO 4F
TEL:03-5633-8751
http://www.minamisuna-odayaka.com
〒203-0023
東京都東久留米市南5-17-62
イオンモール東久留米2F
TEL:042-452-5801
http://higashikurume-odayaka.com/internal
〒343-0826
埼玉県越谷市東町2-8
イオンレイクタウン MORI 2F
TEL:048-990-3235
http://www.odayaka-life.com



プラセンタ+にんにく注射

プラセンタは、老化予防にとって必要なものが凝縮されています。各種ビタミン、ミネラルをはじめとしてアミノ酸、 細胞再生因子、インターロイキンなどの免疫物質などが含まれており、そのためビタミン、 アミノ酸による慢性疲労の改善や細胞再生因子のため肌がきれいになったり、免疫物質のため風邪が引きにくくなります。アレルギーや花粉症が抑えられたりします。

プラセンタとは胎盤のことです。胎盤は胎児の発育のためには必要不可欠な組織で、臓器の機能がまだ十分でない胎児のために、タンパク質合成・有害物の解毒・ホルモンの分泌などをする臓器です。

プラセンタ注射はこの胎盤から成分を抽出してつくられた薬です。プラセンタに含まれる主な成分としては各種ビタミン、ミネラルをはじめとしてアミノ酸、 細胞再生因子、インターロイキンなどの免疫物質などが含まれています。

プラセンタは最近、よく雑誌やテレビなどで耳にしますが、実は1950年代より更年期障害、慢性肝障害、乳汁分泌不全の患者さんに使われていました。また古くはマリーアントワネットも使用していたとされています。

治療効果と治療の目安

プラセンタは現在、医薬品で使用されているものはすべて薬事法で定められおり、人間の胎盤を原材料としています。 医薬品のプラセンタと狂牛病との関連はありません。

当院のプラセンタ注射は国内で生産されている、日本生物製剤製のラエンネックを用いています。プラセンタは原材料の段階から安全性には厳重な配慮が施され、出産前に母体がAIDSやB型肝炎、C型肝炎などの病気をもっているかどうかを検査し、当然の事ながら病気をもった母親からのプラセンタは廃棄されます。

1時期、クロイツフェルト・ヤコブ病等の伝播のリスクがとり立たされたことがありましたが、妊娠36週の間に病原性プリオンが胎盤、胎児に蓄積することは常識的に考えられません。

十分に病気がスクリーニングされて健康な母体から産出されたプラセンタも、塩酸加水分解処理など何重もの安全処理を施されています。

万一、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病のプラセンタが混入していたとしても製造工程で不活性化される為、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の感染は殆どゼロといいきってよいと考えられます。

実際にプラセンタにより何らかの疾病に感染したという報告例は50年あまりの間、 国内、海外ともにただの1例もありません。

プラセンタのよくある質問